【ハワイ】駅伝をホノルルで! ついでにエビ中!

海外で走る、といえばマラソンが思い浮かぶが、正直海外で42.195キロはしんどい、という人も多いだろう。フルマラソンのコースを何人かで。そんな走り方ができたら……それは「駅伝」じゃないだろうか。そんなプランがホノルルで実現するのだ。

Photo by Honolulu Ekiden Foundation

駅伝は英語で「Road relay」というらしい。日本でしか行われていない、と思われていたが、ここ数年ハワイで駅伝が開催されていることをご存知だろうか? その名も「ホノルル・エキデン&ミュージック Honolulu Ekiden & Music 」。なんと駅伝を見るのではなく、自分たちが走るというイベント。ワイキキ・ビーチからダイヤモンドヘッドを越え、サンデービーチまでの往復42.195キロを6区に分け、最大6人でタスキをつなぐという長距離リレー。開催日は5月20日日曜日、午前5時半スタートだ。もちろんひとりで2区間以上走ってもいいので、ランニング仲間と参加してみてはどうだろう?
参加料は1チーム9000円。4月30日まで申し込みが可能だ。

Photo by Honolulu Ekiden Foundation

駅伝の前日5月の19日にはカピオラニ公園内のワイキキ・シェルで音楽フェスが開催される。オープニングアクトは爆風スランプのサンプラザ中野とパッパラー河合。出演はMay J.、私立恵比寿中学、ハワイ勢はカラパナ、Mana’o CompanyHo’aikane Kailua-Konaとこれも豪華なメンツ。コンサートだけの申し込みもできる。こちらのチケットは30ドル~100ドル。国内のフェスに比べれば段違いに安いし、観客数もシート2400,人、芝生6000人と少ないので、ファンなら検討する価値がある。

GWが明けて遅い連休を取ろうという人にはもってこい。またイベントが土日なので、金曜月曜を有給にして木曜夜便~月曜深夜着のスケジュールを組めば弾丸ながらハワイを満喫できる。
ちなみに5月17日(木)の羽田発ホノルル行き深夜便だけでも
20:40 – 08:50
(ハワイアン航空/アメリカン航空/JAL
21:00 – 09:15
(ハワイアン航空)
21:20 – 09:50
(ハワイアン航空/JAL
22:00 – 10:20
(ユナイテッド航空/ANA
23:55 – 12:35
(ハワイアン航空)
の5便から選べる。
帰りは時差の関係で4時間(実質8時間半前後)で日本に到着するので、日曜の予定に合わせて選べばいい。

Photo by Honolulu Ekiden Foundation

HISでは駅伝にあわせたツアーも用意している。
申し込みはオフィシャルサイトから。日本語で登録ができる。ゴールデンウィーク前に予定を決めよう。

 

関連キーワード:


海外航空券検索

出発地
到着地
出発日
現地出発日

大人(12歳以上)

小児(2~11歳)

幼児(席あり) (席なし)

カテゴリー

  • プランニング
  • エアーライン
  • ホテル
  • エンターテイメント
  • おまつり
  • ベーシック
ワールドチケットガイド









このページの先頭へ









このページの先頭へ


カテゴリー

NEWS

会社情報