【ロサンゼルス】エルトン・ジョンの人気を爆発させた魔法の地はいまも健在

エルトン・ジョンの「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアー」アメリカは23都市が決定していますが、エルトンとアメリカを語る時、足を運ばずにはいられない場所がロサンゼルスにあります。
それは「トゥルバドール」。
まだ売れる前のエルトンが初めてアメリカに渡りライブをおこなった、客席数400ほどの小さなライブハウスだ。
演奏したのはまだチャートにも入っていなかった「Your Song(僕の歌は君の歌)」「Border Song(人生の壁)」「Sixty Years On「60歳の頃)」「Take Me To The Pilot(パイロットに連れてって)」……。しかし観客席にはレオン・ラッセル、クインシー・ジョーンズの姿も。6日間の公演中に「人生の壁」が全米シングルチャート入りし、今回のツアーまで続く彼の成功が始まった場所になります。
トルバドゥールはアメリカ音楽にとって伝説の場所。ボブ・ディランがロック転向のきっかけになったのはここでのセッションだし、ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤング、ジェイムス・テイラーもここでデビューしている。そのジェイムス・テイラーがサウンドチェックで歌った「You’ve Got a Friends(きみの友だち)」でキャロル・キングと初めて共演。この地は2人にとっても掛け買いのない場所となる。
場所はビバリーヒルズのロデオドライブからサンタモニカ・ブルーバードを1キロほど。ホテルからタクシーで行くといい。
ロサンゼルスには他にもドアーズやメタリカで知られるウイスキーアゴーゴー(Whisky A Go-Go)、ガンズ・アンド・ローゼズの定宿でいまもロックスターのパーティがよく行われるルーズベルトホテル(The Roosevelt Hotel)など、音楽ファンなら一度は行って見たい場所がいっぱい。
Troubador
9081 Santa Monica Blvd West Hollywood, CA 90069

移動は
アナハイムからロサンゼルスまではアムトラック(列車)で約50分。
サンフランシスコからは飛行機で1時間半、バスなら8〜9時間。メガバスグレイハウンドが運行しています。
ロサンゼルスは広すぎて、とても公共交通機関ではまわれません。レンタカーを借りるか、タクシーより確実につかまるウーバー(Uber)などの移動サービスを利用します。
ウーバーは予約も行き先指定も支払いもアプリでできますが、ネットワークにつながってなくていはいけません。wifiルーターの準備を忘れずに。

泊まるなら
Chateau Marmont
ロックの歴史を体感したいなら、このホテル一択でしょう。レッドゼッペリンは廊下でバイクを走らせ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは部屋でボーカルの録音をしました。古くはグレタ・ガルボが部屋にこもり、ジェームス・ディーンはここで「理由なき反抗」の台本を読んだ。スティングの定宿でジョン・ベルーシはここで亡くなり、彼の幽霊のうわさもあります。
スタンダードルームで1泊600ドル以上と高価ですが、ロックな一夜を過ごすならここ。

ロックツアー
ロック関係の著作も多い「伝説のグルーピー」パメラ・デ・バレスが案内するロックツアーがあります。
彼女はジム・モリソン、ジミー・ペイジ、ミック・ジャガーと浮名を流し、フランク・ザッパのレーベルからグルーピーだけのバンドでデビューしたという経歴の持ち主。生きる歴史とは彼女のこと。毎回参加者が殺到するツアー、2019年は10月に4回予定されています。詳しくは彼女のサイトで。

エルトン・ジョンのツアーチケットは
ワールドチケットガイドで取り扱い中。ロサンゼルスに近いのはアナハイムとサンフランシスコです。


海外航空券検索

出発地
到着地
出発日
現地出発日

大人(12歳以上)

小児(2~11歳)

幼児(席あり) (席なし)

カテゴリー

  • プランニング
  • エアーライン
  • ホテル
  • エンターテイメント
  • おまつり
  • ベーシック
ワールドチケットガイド









このページの先頭へ









このページの先頭へ


カテゴリー

NEWS

会社情報