年末のヨーロッパは高い?
ウィーン便で検索してみた。

スーパーハイシーズンとも言われる年末年始の東京〜ウィーン。スカイスキャナーでチケットを見ると、ノンストップで往復297392円(ノンストップでいちばん安いANA:12時間05分)。オーストリア航空の直行便は、なんとエコノミーで往復659890円!
さすがにこれは論外だが、ワンストップ便を探すと一気に航空運賃は1/3に下がる。
安い。往復で10万円。これなら行ける。
が、この「ワンストップ」は注意が必要だ。
旅行慣れしていない人は、飛行機の乗り換えを想像できないだろう。一回飛行機から降ろされて、荷物も次の飛行機に積み替えられる。当然乗り継ぎ時間はかかるし、席の位置も違う。スムーズな乗り換えでも2時間待ち。接続が悪いとどんどん目的地へ着くのが遅くなる。
つまりワンストップ便を選ぶなら(最初の飛行時間)+(乗り換え時間)+(目的地までの飛行時間)をチェックすることが大切。
ウィーン便を見てみよう。12月23日出発、1月2日帰国で検索すると、中国国際のワンストップ便が95.580円である。いっぽうトルコ航空は151,677円。それぞれの飛行時間は以下の通りだ。

中国国際航空

成田 北京国際 北京国際 ウィーン
4時間25分 2時間10分 10時間15分 計16時間50分
21:15 0:40 2:50 6:05

トルコ航空

成田 イスタンブール イスタンブール ウィーン
12時間45分 3時間05分 2時間25分 計18時間15分
23:00 5:45 8:50  9:15

 

さて、どちらを選ぶだろう?
値段から見れば中国国際が圧倒的に安い。乗り継ぎ時間も短いし、トータルも短い。でも問題は1便目と2便目の飛行時間、そして乗り継ぎの「時間帯」なのだ。中国国際は夜9時過ぎ発。集合時間は7時だ。いったん乗機して深夜空港着、次の出発は深夜3時。到着が(時差があるので)朝6時。深夜の待ち時間は辛くないか? その後のフライトは寝れるか? 朝6時について市内に7時、店はまだ開いていない。ホテルのチェックイン、たいていは15時まで9時間もあるのだ。
一方トルコ航空は空港チェックインが夜9時。11時発で朝までゆっくり寝れる。イスタンブールでの3時間は身体を伸ばしたり軽食をとって、街が動き出した10時頃市内へ入るイメージ。
年末、ウィーンは朝からクリスマスマーケットで賑わっている。市内観光を楽しんで、夜にはコンサートやオペラへでかけ、ウィーン気分を満喫してみるのもいい。
もし初めてのワンストップ便なら、内訳をチェックして選ぶのが賢いのだ。

※ウィーン年末のコンサート/オペラ情報を「ワールドチケットガイド」で公開しています。お気軽にお問い合わせください。


海外航空券検索

出発地
到着地
出発日
現地出発日

大人(12歳以上)

小児(2~11歳)

幼児(席あり) (席なし)

カテゴリー

  • プランニング
  • エアーライン
  • ホテル
  • エンターテイメント
  • おまつり
  • ベーシック
ワールドチケットガイド









このページの先頭へ









このページの先頭へ


カテゴリー

NEWS

会社情報